おめでとう

 爽やかなみどりの風の中の天皇陛下様、皇后陛下様のお姿がうれしくてたまらないこの頃です。

 今年は、お正月が二度来たようです。平成のお正月、元号「令和」のお正月。どちらもおめでとうございます。

 二度あることは三度ある。私は三度目の「おめでとう」を考えました。令和元年もあと五ヶ月になりました。「元年」と聞くと、何か新しい事の始まりを感じます。せっかくの「元年」何か始めたいと思いました。まず、準備がいらない、資金がいらないもの。自分の「やろう!」とする意識だけでできるもの。「人間の意志は太陽にも勝る」…と言った人が居ます。人間の意志は、その運命の創り主でもあります。どんなにすばらしい良い事を聞いても知っているだけでは何にもなりません。

 百の知識よりも一つの実行

出来ることから、わかったことから実行です。その時の原動力になるのがその人の意志です。何事もやってみる事です。やってみないと、喜びも感謝も湧きません。やらない人が、文句や屁理屈を言うのです。

 例えば、「梅干しは日本の宝、健康の源です。今年は自分で作りましょう。」と申しましたら、どんな言葉が返ってくるでしょう。

  • ①「め」 めんどくさい
  • ②「で」 でも、だって、〇〇でしょう
  • ③「た」 大変でしょう
  • ④「い」 忙しい、いつか暇になったら

 この頭になる字をつなげてみると「めでたい」となります。たくさんの人がこの「めでたい」の考えです。しかし、この同じ「めでたい」でもこのように考えてみてはいかがでしょう。

  • ①「め」 めずらしい事だ。おもしろそうだ
  • ②「で」 出来ることから、一つずつやってみよう
  • ③「た」 楽しそうだな
  • ④「い」 今からすぐやってみよう

 ホラ!出来ました。

 これは物を作ることだけではない。自分治しでも、病気治しでも、子どもの教育でも、趣味でも、何にでも通ずることです。

 世の中も、善だ悪だと騒いでいます。私達の体の中でも善玉菌だ、悪玉菌だともめています。善玉菌のリーダー格がコスモ酵素です。今までコスモ酵素に御縁がなかった方も、「令和元年」にちなんでコスモ酵素を生活の中に入れられたらいかがでしょうか。きっと体も新陳代謝が旺盛になり、若返ります。急がないと「令和元年」もあと五ヶ月になりました。さぁ、令和元年、コスモ酵素元年、うるわしく和やかに。

 めでたい、めでたい、めでたい

 今から実行!

令和

 私は、新しい「元号」を指折り数えて待っていました。

4月1日、テレビの前に座っていました。11時41分に「令和」と、決まりました。その時、まぁ…上品な感じね…と思いました。しばらくしたら、スーッとなんだか冷たい風が、私の頬を撫でました。

 「令和」は、太宰府であった梅花の宴を記した万葉集の歌の序章が典拠…と説明がありました。(1,300年前の万葉集)

 私は嬉しくなりました。なんと、そこは福岡県で事あるごとに参拝する太宰府天満宮です。「令和」をとても身近に感じました。今、私の頬を撫でた冷たい風も、あたたかい春風に変わりました。

 そう言えば、太宰府天満宮には梅花の宴を再現した「ジオラマ」が展示されています。梅の花のもとで遊ぶ雅やかな立体の人形が飾られているのを見た覚えがあります。実際に梅花の宴が行われたのは、現在みんなが参拝している太宰府天満宮から少し離れたところにある、坂本八幡神社近辺です。

 そこには、万葉集の歌人の大伴旅人の邸宅があったとされています。坂本八幡神社には参拝した事がないので、4月2日にさっそく行きました。

 さすが太宰府政庁跡です。清々しく、広々とした場所で建物は何もありません。若草が春の陽にたわむれて、キラキラと光っていました。

 まさに、「令和」の御世を感じさせる気品のあるふんわりと回転する風が吹いてきました。「令和」と聞いた時に感じた冷たい風は、いつしか春風に変わっていました。あっ!そうだ!春風は、森羅万象の生命を吹きおこし、花を咲かせ、実を結ばせます。

 今、世界中に吹き荒れている冷たい風が春風になる御世になるのだ…と信じました。「令」とは、「良い、すばらしい」の意味。「和」とは、「やわらぎ、仲良し」の意味があります。みんなの心が和らぎ、仲良く輪になって笑い合う世の中にしよう!!

 この三つの「わ」の心。「和」「輪」「笑」が一緒になれば、「ワッショイ!!」のかけ声になります。「ワッショイ!!ワッショイ!!」と光の世界へ進もう。「一寸先は闇」の世界に終止符を打とう。「一寸先は光」へと進もう。

 うれし喜、たのし喜、ありがた喜の世の中の出番です。

 さぁ!ワッショイ!!ワッショイ!!

桃の木

 コスモポート創立を記念して植えました桃の花も四十年になりました。

花びらの大きい真紅の桃の花です。この桃の木は、私が困ったなぁ…と思った時、いつでも勇氣づけてくれます。

 まだ寒い二月。外出して我が家に帰る時、あっ!あの赤い桃の花の家が私のお家…とホッとして心も体もあたたかくなり喜びが湧きます。

 孫が大学入試の時、発表があるまで毎日悩んでいました。私も合格してほしいなぁ…と願いを込めて桃の木を見ました。紅のつぼみが、ほっこりと膨らんで、明日はパッと咲きそうです。「あっ!合格した!」と確信しました。「万葉(まよ)ちゃん!合格したよ!」と伝えました。「どうしてわかる?」と問います。「ちょっと桃の花を見てごらん!ホラ!ドンピシャリ咲いているよ!」見事に合格でした。

 私も仕事をしていて、年度変わり等色々心が落ち込む時も、その度に勇気をもらいました。時は流れて、万葉ちゃんも結婚をして赤ちゃんを産むことになりました。

 予定より十日位おくれました。無事産まれるかしら…と心配が始まりました。私は、桃の木を見に行きました。すると、入試の時と同じように、桃の花がほっこりと膨らんで、そっと告げてくれました。「明日産まれるよ!」まるまるの元気いっぱいの赤ちゃんが産まれました。私の大事なひ孫です。

 

平成の終わりをじっと見ておこう

私は、美智子皇后様と同じ年に生まれました。戦前、戦中、戦後をしっかりと生きて来ました。戦争が始まったのが、小学校一年生(国民学校)。終戦が五年生の夏休みでした。それから、新制中学校、新制高等学校と新しい風に吹きまわされました。

着る物も、食べる物も不足はしましたが、それなりに豊かで、熱い心で助け合って学校生活を送りました。そこで流行したのが「リンゴの唄」です。

 

♪赤いリンゴに 口びるよせて だまってみている 青い空

リンゴはなんにも いわないけれど リンゴの気持ちは よくわかる

リンゴ可愛いや 可愛いやリンゴ♪

 

この歌で日本中がパーッと明るくなりました。我が青春に悔いなし!

新しい波にのり、美智子様は皇太子妃となられました。なんとお美しく、お上品であられましたことか!ミッチー・ブームで日本中が湧き上がりました。

私も、結婚・子育てをしてやっと落ち着いた頃、元号が「平成」となりました。美智子様は、皇后陛下様となられました。おそれ多いことですが、我が事のように誇らしく、嬉しかった事を思い出します。

時は流れ、この「平成」も残り少なくなりました。「平成」の始まりも終わりも、この体と心でしっかり体験しました。「平成」とは「平に成る(たいらになる)」と読み、人間における色々な差が無くなり、みんな穏やかに平等になると喜んだのもつかの間。さて、現実はどうでしょう。政治、経済、教育、どれを見ても凸凹ばかり…権威、権力、学歴が猛威を振るう世の中になりました。その「たいらになる」と希望を持った「平成」も次へ、バトンタッチをします。

次なる「元号」はまだわかりませんが、新規まき直しのチャンスを迎えます。もうすぐ、もうすぐお正月。お正月には、お屠蘇を酌み交わします。

金粉の踊る 御神酒や 新元号

どんなに世の中が変わろうとも、変わっていけないものが三つある。それは

愛と感謝と汗です。

うれし喜(き)、楽し喜、ありがた喜三喜神(さんきしん)を心の中にしっかりと招き入れて、どんな事に出会っても、慌てないで、くじけないで、愚痴らないで「丸くゆっくりすこやかに生きていこう…と思われませんか?!私は新しい年に向けて、このように生きていこう!と心に決めました。

新元号の 春待つ心

みのりの秋

今年は暑い!暑い!

まさに炎暑の日々が続きました。

「立秋」の声を聴くと共に、どこからか涼しい風が吹いてきました。

そこへ、大きな災害がきました。被災地の方々が一日でもはやく安泰の日々になられますように祈っています

人間は間違いばかり起こしますが、大自然界は、何ひとつ乱れることなく春夏秋冬を繰り返します。

万物が稔る「みのりの秋」を迎えました。あの、カンカン照りの暑さの中に植物は一生懸命生きています。そして、花を咲かせキラキラの実をつけます。キュウリさん、ナスさん、かぼちゃさん、ピーマンさん。ありがとう。ありがとう。

見渡せば、梨もぶどうも柿も栗も稲穂も稔っています。

「小さきは 小さきままに 実をつけて」

植物さん、ありがとうございます。大変な暑さでしたね。よくぞ頑張ってくれましたね。強いねぇ…とほめてやらずにはおられません。

考えますと、この植物さんの命を頂いて私達は生きています。

人間は食べなくては生きていけません。食べると言うことは、体に必要な栄養分をとっていることです。例えば、タンパク質、炭水化物、カルシウム、ビタミン等です。

私達は、肉体と心が一体となって働いています。体に必要な栄養があれば、心にも必要な栄養があります。

車の車輪です。二つがバランスよく廻っている時が、一番すばらしい時です。心身の健康が保たれています。どちらかの輪が栄養失調になったら車は「ガタビシ」として前進しません。

体の栄養分が無くては体は育ちません。心の栄養分が無ければ、無気力・無関心・無感情・無責任・・・病気と社会問題の巣窟となります。

今、私達が気にかけているのは、食べ物の栄養ばかりです。タンパク質足りないよ。炭水化物が多すぎ、少なすぎ、やれ、ビタミンA、B、C、D、E・・・と一生懸命です。

さて、大事な心の栄養はどこに売っているのでしょうか?心の栄養剤はどうしたら手に入るのでしょう?本当の健康と幸せは足元にあります。心の栄養の源は、感動する心、感謝する心から生まれます。「ありがとうございます」が心の栄養剤です。

どんなに小さなことでも感謝しましょう。そうしたら、心の中から喜びが湧きます。喜びが湧けば、元気が出ます。

元気が無い人は、喜びが無い人。

喜びが無い人は、感謝が無い人。です。

さぁ!稔りの秋です。心も体も栄養満点に喜び合って、助け合って、感謝の日々を重ねましょう!!

みどりの風

もう若葉の季節!私が浮き上がっている間に季節は刻々と進んでいます。

桜の花が咲く頃は私の誕生日。

桜が咲けば躍り(踊り)たくなる私。

あっちの桜、こっちの桜と、桜を訪ねまわっている間に押し寄せてくるのが「ゴールデンウィーク」

あら、あら、子どもが来ます。孫が来ます。ひ孫も来ます。

打ち寄せる波のように寄せたり返したり。私の体はいくつあっても足りません。お母さん、おばあちゃん、ひーばぁや・・・と呼ばれ方はいろいろ。

「ハイ」「ハーイ」「ハイハイ」返事も色々。顔色も、声音も、表情も色々。

喜びと賑やかさと忙しさの渦巻の真中にいました。

その波が穏やかになり、私はほっとしました。

そしてまわりを見れば、

なんと!美しい緑が輝いています。すっかり緑の季節!あの木もこの木も草もたくましく生き生きと繁っています。まさに緑満開です。緑の風の爽やかなこと!!

緑の輝く世界へと私の知らないうちに舞台は移っています。

 

野も山も むっくりもっこり 命吹く

 

私達は、自分の身のまわりのことだけにとらわれていたら、社会の状況も、まわりのことも、体の変化も、心のあり方も全く見えていない事がわかりました。

こんな時が、一番注意が必要な「時」です。

病気の種も、悩みの種もこんな「時」に播かれます。

もうすでに「宇宙のリズム」に乗り遅れています。

何もかも、ほどほどに余裕を持って、バランスよく日々を重ねることが大事だなぁ・・・と思いました。

人間も動物も緑を見ると心は安らぎ、希望と勇気が湧きます。

緑のそよ風♪ いい日だな♫・・・と歌いたくなります。

目にもよし、空気もよし、体は生き生きとなります。それもそのはず、動物は緑の草を求めて動きます。人間も、緑の芽が出たら食べ物がどんどん育ち大安心で、おおらかになります。

この緑の炎、命の炎の「時」をしっかりと目におさめ、深い呼吸をして、皮膚で感じとりたいものです。感じたら声に出してみましょう。

「うれしいなぁ!」「楽しいなぁ!」「ありがとうございます!」と。これが健康への道、幸せへの道です。

春が来た

春の光が照っています。今年は冬になったり、春になったり…春になったり、冬になったり…異常気象でした。

私たちはこの温度差に適応出来ずに風邪をひいたり、心の落ち着きを無くしたりしました。

皆様方、お元気ですか?

もう安心してください。

やっと春になりました。

どんなお天気であろうとも、梅の花は強く咲きました。桃の花はかわいらしくふっくらと咲きました。桜のつぼみは日に日に膨らんできます。大自然界は落ち着きはらったものです。何一つ間違ってはいません。

本当に春が来ました。私達の心も体も春色に染めましょう。草木の新芽はぐんぐん伸びます。これと同じエネルギーが私達の心の中でも体の中でも働いています。

何とありがたい事でしょう。

私達の体の細胞も日に日に生まれ変わっています。新陳代謝しています。

子どもは成長するように、病気は治るように仕組まれています。何も心配や不安はいらないのです。この波に乗りましょう。さて!この「波乗り」が上手な人と、出来ない人がいます。「素直で明るくあたたかい人」はとても上手に乗れます。恨み、妬み、イライラ、クヨクヨ、不平不満、心配のしすぎをしている人はどうも上手に乗れません。

「人生は、心の置き所」です。

心を喜びに置くと…喜べば喜びが喜びながら喜び事を集めて喜びに来る。

心を悲しみに置くと…悲しめば悲しみが悲しみながら悲しみ事を集めて悲しみに来る。

心を疑いに置くと…疑えば疑いが疑いながら疑い事を集めて疑いに来る。

「心」はコロコロとどこまでも転びます。だから「心」と言うのです。そしてその「心」は、その人の宝物です。ではその大切な宝物である「心」の取り扱い方について考えてみましょう。

  1. 陽あたりの良いところに置きましょう。明るい人の側に居れば明るくなります。「愚痴」の多い人の側に居れば暗くなります。
  2. 常にきれいにお掃除しましょう。あんな事、こんな事、ぐちゃぐちゃに心の中に入っています。必要なものと、要らないものを整理しましょう。
  3. 時々、冷却しましょう。人間は、カッ!となったら血液が濁ります。正しい判断が出来ません。心静かに反省しましょう。

さぁ!待ちに待った春です!

心ハレバレ!体スッキリ!頭ハッキリ!の楽しい日々を重ねましょう。

梅の花

はや、2月になりました。梅のつぼみもほころびました。お健やかであられますことを心からお喜び申し上げます。

今年は「戌」の年で、私は年女(84歳)でございます。犬といえば「忠犬ハチ公」や、子孫繁栄を思い出します。私はコスモ酵素の「質と値段」をしっかり守って40年になります。

巷はいろいろな面で酵素ブームになりました。思い起こすと40年前にコスモ酵素と、桧のオガクズ風呂を持って立ち上がりました。それが「健康道場コスモポート」です。皆様方に支えられ、励まされて今日まで続いていますことを深く感謝いたします。毎日、コスモ酵素や発酵食品の素晴らしさを唱え続けています。どんなことに出会っても、慌てないでくじけないで愚痴らないで、「丸くゆっくりすこやかに」を目標にしてきました。

たくさんの方々が元氣に、そして明るく楽しくなっていかれます。その姿が一番うれしく、喜びと共に生きております。どのような病気も原因は血液の濁りと、滞りから起こります。これを解決するにはたくさんの植物や海藻から出来ている「コスモ酵素」が大変いいのです。特に日本人には一番合っています。

人生の全ては腸からです!腸は超能力です!!日々の生活の中に是非コスモ酵素を仲間に入れて下さいませ。

そして「素直で明るくあたたかく」を心の根っこにあなたのすばらしい花を咲かせましょう。きっときっと良いことが善いことが待っています。

お正月

初日の出 梅のつぼみも ほほえんで

平成三十年の太陽が輝いています。希望と勇気に満ちた新年をお迎えになられましたことを、心からおよろこび申し上げます。

干支は戌の年です。お正月っていいなぁ!素晴らしいなぁ!部屋の中も外も何も変わっていない。家族の顔も同じ。はっきりと違っているのはカレンダーだけ…一月一日!しかしやっぱり何かが違う。同じ部屋でも光っています。同じ顔でも華やいでいる。力がみなぎっている。やさしい、あたたかい表情…

「明けましておめでとうございます。」

お屠蘇が腹の底へぐっとしみわたる。数の子が口の中でプチッ、プチッ。母親譲りのお雑煮の「焼きあご」のだしとお餅の匂いがプーンと全身に走り、先導車の役目。お正月だ!お正月だ!!お汁を吸ってお餅を一口…モグモグ。

これだ!この味こそ一年に一度の味!同じ材料で何回お雑煮を炊いてもこの味にはならない。一月一日の味。元旦の味です。日本のお正月の味です。これだけは、毎年不思議に思うことです。どうしてこんなに違うのだろう。

きっと作っている人も面倒くさいなど変な心を起こさないで手抜きしない。手順を間違えない。整頓された台所で磨きあげた鍋、新鮮な心でお台所に立ち、お雑煮作りに心を込める。又、それを頂く家族も、あれはいや、これはいい等言わない。時間もまちまち。バラバラの食事ではなく、みんな揃って心を一つにして。

「おめでとうございます」と新年のご挨拶。この真心のこもった阿吽の呼吸がもたらすものだと思います。どのように世の中が変わっていこうともその民族の文化は大切に伝えていきたいものです。

家族の心が一つになるということは、健康にとっても一番重要なことです。家族の心がバラバラでは、どんなに体に良い食事や、「薬」をとっても精神修養の学びをしても、意味がありません。心の通いあった家族関係の中でやすらいだ気持で過ごされることが、一番の健康の源です。幸福の基礎となります。

民族の融合も世界の平和もその第一歩は楽しい家庭、やすらぎのある家庭から始まります。家庭は、愛を学ぶ道場です。全てのトラブルは愛の欠如から生まれます。

今年は戌の年です。

犬は忠実な心、子孫繁栄、家族愛を象徴する動物としてみんなに愛されています。

一年の計は元旦にあり

今年は、家族仲良く助け合って、思いやりの日々を過ごしましょう。

「うれしい」「たのしい」「ありがとうございます」の日々を重ねましょう。

ちなみに私は戌の年です。おかげさまで七回目の「戌」の年を迎え、八十四歳の年女でございます。

今年は吠えてみようかな。

ワン、ワン、愛、愛!     と。

 

 

平成三十年一月一日  吉丸 房江

いい調子

 裏を見せ 表を見せて 散る紅葉  (良寛)

絵にも描けない美しい紅葉の中を歩きました。肩に紅葉がひらり!とのり、ぱらり…と落ちました。私はそれを持って帰り、私の一番大事な本にはさめました。

老子は「人間は二千五百年のちには、人間の拵えたもので滅びるであろう」と言う意味の言葉を残しました。

その時が来ました。

全てが人災でめまぐるしい世の中です。人の心も体も空気も水も大地も病んでいます。医学、宗教、教育、政治、経済、生活等の方向が全て狂っているのです。愛の心がほころんでいます。全てに限界が来ています。今のままではどうにもなりません。新聞を見ても、テレビを見ても、あってはならない事が平然と行われています。見たくないけれど、見ておかないとみなさんと一緒にお話しが出来ない日々です。

このままでいいのでしょうか。

あれや、これや…と言う前にまず自分自身を整えてみましょう。体の中の声なき声を聴いてみましょう。興奮、緊張、ゆるみのバランス(人生はワルツで)はいかがでしょう。これは、体の中にも心の中にも影響しています。胃と腸のバランスが整っているのがいい調子、いい調子です。このバランスをとるのに役立つのがコスモ酵素です。バランスがとれると心があたたかくなり、体はしなやかになります。みんなと仲良くしたいなぁ…と人間本来の姿になります。

私達は「ひとりぼっち」が一番淋しいのです。誰かと繋がっていたいと思っています。連なっていないと生きられないのです。話をするにも相手がいる。笑うにも相手がいる。生きるにも相手がいる。

いかがですか?コスモ酵素生活を始めませんか?