春の光りが照っています

 春と言えば「桜」です。私は四月生まれで命の花は「桜の花」です。

 母がいつも言っていました。「あなたが生まれた日は、みんなで桜見に行く日でした。お花見のお弁当を作り上げて風呂敷に包んだところで陣痛が始まり、生まれたのよ」と。みんなが楽しくお花見をしている間に生まれた女の子、お祭り大好きな人に育ちました。

 したがって、その年の桜の花を母は見ていません。そのせいか私はお花見が大好きです。日本中の桜の名所を訪ねました。一番は沖縄の緋寒桜、日本一の早咲き桜です。旧暦のお正月あたりに咲くことから、「元日桜」とも呼ばれています。それを皮切りに、最後は北海道の千島桜で終わりました。

  おそき春 千島の桜 凛と咲く

 考えてみれば、世界中で日本人だけが場所とりまでしてお花見を楽しみます。日本人と桜は切っても切れないものがあります。さまざまな事を思い出させる桜です。日本人はなぜ桜が好きなのでしょう。あの桜の花の美しさ、散り際の清らかさに憧れているのでしょう。

 「美しく生きるとは」どんな生き方であろうか!赤ちゃんの無邪気な心から出る「素直な心」で生きることではないでしょうか。そうだ!!今月は私の誕生の月。生まれたての赤ちゃんのような素直な心の日々を重ねよう・・・と心から思いました。毎日の生活で納得のいかない理不尽な事が起こります。特にテレビや人間関係も理屈が多すぎて、にっちもさっちも動かなくなっています。「ハイ」と素直な心で、氣持ち良く返事をしよう。

 「ハイ」とは「天と地」「口を開けて閉じる」

 あら!不思議。天と地のエネルギーが動き出してトン、トン、トン・・・と進みます。「世の中はそのようにうまく行きません」でしょうが、せめて家族の中や仕事の仲間では「ハイ」と受けて実行に移しましょう。

 私は「素直で明るくあたたかく」を念仏のように唱えています。何事に対しても、素直であろう。明るく明確に透明にそしてあたたかく人々に接していこう。桜の花のように美しく清らかに生きたい。散る時は、ひらひらひら・・・と喜びながら桜吹雪で舞いたいな。

桃の花

 春の光りが照っています。桃の花も咲きました。

 春よ来い 早く来い
 歩き始めた みぃちゃんが
 赤いはなおの じょじょ履いて
 おんもへ出たいと 待っている

 私のひ孫のはなちゃんは一歳二ヶ月、日向子ちゃんは満一歳で今、ヨチヨチ歩きです。「春よ来い」と歌ってあげると、とても喜び、立ち上がって一歩、一歩と全力をこめて歩きます。ころん!と転んでもすぐ立ち上がります。一日一日の上達のすばらしいこと!!赤ちゃんの生まれてから一年の成長の素晴らしさには驚きです。私達大人は、この一年の間に何を覚え、何を忘れたことか・・・。と日々反省することが多い毎日です。さぁ!三月。お雛様の月!女の子の節句です。

 明かりをつけましょ ぼんぼりに
 お花をあげましょ 桃の花
 五人ばやしの 笛たいこ
 今日はたのしい ひな祭り

 「お花をあげましょ桃の花」

 この桃の花言葉は、チャーミング、氣立てのよさ、天下無敵です。桃は、木偏に「兆」と書きます。多産を意味します。喜び事を集める縁起の良い花です。桃は「百」とも書きます。百歳まで長生きする長寿の花。そしてふりかかる邪氣を払い、手ごわい邪鬼をやっつけます。古事記の中のイザナギの命は邪氣を払いました。桃太郎は、邪鬼を退治しました。したがって、魔除けの桃の花です。

 おひな様は、赤い絨毯に飾りつけます。赤は健康でパワーです。

 おひな祭りは、女性を褒め称え、敬う行事です。「五人ばやしの笛たいこ」私の一番好きなところです。どんなことに出逢っても、あわてないでくじけないで愚痴らないで。心のスイッチを切替えて、「丸くゆっくりすこやかに」感謝と喜びの日々を重ねましょう。

日本女性よ梅の花のように

 はや、新しい年も、せっせ…と歩を進めます。二月は「逃げ月」と言ってはやく過ぎ去ります。

  庭に出ると、梅の花が一輪微笑んでいます。そばに寄ると、梅の花が私にささやきました。「日本女性よ。梅の花のように…ネ」。私はうなずきました。梅の花は、強さ、貴品、香ぐわしさ、の象徴です。梅の花は、つい陽気に誘われて咲く花ではありません。二月の寒風吹きすさぶ中に凛として咲き清らかな気高い香りを放ちます。梅の花の強さと尊さ。梅の花の「ひとりごと」を思い出しました。

 厳寒の中で花開き、実を結び、青いうちからちぎられて。頭から塩かぶり、重石をかけられて、やっと重石がはずれたら、紫蘇でポッとピンクに染められる。それもつかの間。やがて「シワクチャ」のおばあさん。それでも若い気で運動会やピクニックについて行く。はたまた病気の人あれば東西南北かけまわる。(コロナにも効く萬能薬)

 あら!まぁ…「令和」にも関係ある梅の花。

 コロナ禍のさめやらぬ今こそ、女性の底力(女子力)を出す時です。男性の企画力、率先力の素晴らしさと協力して生き抜いていく時です。一日でもはやく安心して過ごせる世の中にしたいと思います。

 食事も外食に頼らず、おうち食を楽しみ。家の掃除、換気、衛生管理…みんなの力を出し合って、褒め合って、語り合って、一日を大切に過ごしましょう。「ワッハッハ」の笑い声、これは一家のお祓いです。

 厳寒の二月をあたたかい心とやさしいまなざしで「和気愛合」の日々を重ねましょう。この中には「コロナ」と言えども「すきま風」も入れません。「ありがとうございます」の感謝の心あるのみです。

新しい風

 明けましておめでとうございます。みなさま方お揃いですばらしい新年をお迎えになられました事をおよろこび申し上げます。

 カレンダー くりつつ祈る 一年の 知らぬ月日よ 美しくあれ

 新年とは、不思議なもので同じ家でも、見るもの聞くもの、家族の顔までも新しく爽やかに見えます。「おめでとうございます。」ちょっと改まって交わすこの気持ちに「ウソ」はありません。「あぁ生きていて良かった」「この家族でよかった!」と心から喜びが湧き上がってきます。この気持ちをこそ、大事に持ち続けたいと思います。

 ふり返ってみると、世界中に起きた「コロナ」の渦巻きで昨年は何が何だかわからない日々を重ねました。色々な事はストップになり、あたたかくほほえむ口元まで「マスク」で隠れてしまいました。

 さて!!新しい年はどのように過ごしましょうか?ただ出来なかった事を悔やんだり、失望したり、不安や恐怖でオロオロして、手も足も出なくなり家に引きこもってはいけない。今まで学んできた知恵を出し合う「時」です。

 豊作も 牛の手柄で あった頃

 今年は、丑(牛)の年です。私達は覚えています。牛が耕運機であり、輸送車でもありました。牛は力強い一歩を踏ん張りました。そして、牛さんは威張ったでしょうか。おごり、たかぶり、私利私欲をむさぼったでしょうか!!そうだ!!!今年はこの牛さんを見習っていこう。日本のすばらしさも輝かせよう。「生き抜く力」牛さんを思い出し、御先祖様の御苦労に感謝して新しい風や、新しい波にのり、愛と感謝と汗の日々を一歩一歩と踏み込みましょう。今年もよろしくお願い申し上げます。

やっぱり十二月

 あら!カレンダーは一枚になりました。今年は、「かけ足ばかりで、ほっ!と息をつく間もなく12月になりました。

 新しい年の足音もたかくなりました。

 コロナ騒動の渦に巻き込まれての日々を重ねました。「当たり前」ある事が当たり前と思っていた、国の行事、社会や家庭の行事も全てストップしました。考えられない出来事で、心の中に大きな穴があいたのです。それも、日本だけではなく世界中の出来事です。姿なき戦争とも言われています。

 世界中が大きな変化の時代に突入しました。海は大波で荒れ狂っていても、海の底はゆったりしている…と。今こそ、あわてないで、くじけないで、ぐちらないで「丸くゆっくりすこやかに」暮らすことだと思います。

 私は、朝早く起きて「日の出」を拝みました。墨を流したような空がうっすらと明るくなり、暁の中からおごそかに太陽が昇り、私の顔も赤く照らされます。しばらく目をとじていました。目を開けましたら、そばの桜の木は、もう新しい年に花を咲かせようと、芽を出す準備を整えています。畠では、11月1日に種を播いたグリンピースは、かわいらしい、たくましい芽を出して5月には美味しいピースご飯になるために頑張っています。お月様も間違いなく十五夜さんに、三日月さんに。星はキラキラと輝いています。

 何も変わっていません。

 考えてみれば、人間の決めた「当たり前」だけがストップです。宇宙のリズムには何の変化もない。私達も宇宙のリズムにそった生き方をしよう。

 実は、30年前に私は「宇宙のリズムで暮らしたい」の本を出版しています。その著者の私こそ実行していません。12月は「すす払い」がやってきます。今年はすすを払うだけで無く、今までの生き方を反省して、根本から見直してみましょう。家族みんなで心を寄せ合って助け合い、笑いあって、不安と恐怖から抜け出し、新しい風の新年を迎えましょう。佳き年であられますようにお祈り申し上げます。

もう十一月

 今年は、何が何だかわからない日々を重ねています。

「冬来たりなば、春遠からじ」と当然の事のように春を迎えましたが、そこに飛び込んだのが新型コロナウィルスです。さぁ大変!!桜見も卒業式も、入学式もありません。働く仕事の場を失った人々もいます。お盆の御先祖様のお参りも、帰省も出来ません。

 「散歩道 小さな草も 実をつけて」

やがて、みのりの秋を迎えましたが、神様への感謝の秋祭りも中止です。

 これは、一体どう考えたらいいのでしょう。このまま、何事にもオロオロと恐怖心で縮こまってはいけない。経済はもちろん、人間そのものがおかしくなってしまいます。特に若者は羽根を折られ、年を重ねた人は見舞いに来てくれる人もなし、かわいい孫にも会えません。これでは、治る病氣でも治りません。病人は増えるばかりです。指をくわえて、ただ新薬を待っているだけではいけません。生命の本質である「生成発展」のエネルギーが私達の体にある事を信じて、しっかりと立ち上がろうではございませんか!

 私達の先祖も数多くのウィルスと出会い、生きぬいてきました。そのたくましいバトンを、しっかりと受け継いだ私だと確信を持ちましょう。その先祖の知恵も学びましょう。

  1. 家族の心を寄せ合って生きる。助け合って笑い合う。
  2. 日本食を中心に頂こう。発酵食(味噌、納豆等)、野菜
  3. 体を清潔に保つ。手洗い、お風呂

 特に日本には、お風呂の文化があります。世界に誇るすばらしい健康法です。シャワーではなく、湯船に浸ろう。子供の頃、おばぁちゃんが「ほら!肩まで浸って、1、2、3・・・」を思い出しましょう。心も体もぽかぽかになってストレスは吹っ飛びピカピカです。血行は良くなり、お腹はあたたまり便秘も治り、ぐっすり休みます。「体さんありがとうございます。」心から体に感謝する場所です。これで免疫力アップします。一日百円の健康法としてコスモポートでも、バスクレンチーム(三千円)を出しています。心も体もぽかぽかであられますように祈っています。


「行合の空」に想う

 私は空を見るのが好きです。

 今日は、「行合の空」を見つけました。「行合の空」とは過ぎ行く夏と、訪れる秋が同じ空の上で行き合い、交差しています。これを「行合の空」と表現します。夏から秋に移る頃の暑氣と冷氣が行き合う空。秋の訪れを、空から告げています。

 地上付近は、まだ暑さがきびしくて、山の峰には入道雲がむくむくと湧き上がっているのに、さらに高い空には、雲を刷毛で伸ばしたような巻雲がたなびいています。そこへ綿菓子を摘み空へ浮かべたような綿雲が散っています。

 私は、空の雲に見とれました。

 空では、雲が「こんにちは」「さようなら」「がんばったね」「おつかれさま」と、声をかけ合っているのでしょう。

 誰が名付けた「行合の空」

 私達の地上では、今年は色々な事が起きています。コロナ騒動で、世界中が大変動です。政治、経済、学校、病院、飲食、観光、祭事、生活上の行事、今まで考えてもいなかった事が次々に起こります。お互いの交流がゴキゴキと油切れの音がします。「行合の空」のように、何事も「素直で明るくあたたかく」の根っこで受け止めて、さらり!と生き合って行きたいと思いました。

 どんなに世の中が変わっても、変わっていけないものが三つある。それは「愛と感謝と汗(行動すること)」です。考えれば、令和二年もあと三ヶ月を切りました。残された日々を、三つの宝「愛と感謝と汗(行動)」を大切に色々な事に流されないで、無駄、無理、おごり、たかぶり、わがまま、恐怖のしすぎの心を改めて、自分らしく自分自身が納得する年にしましょうか!!そのために一日一日を大切に元氣に楽しく生き合っていきましょう。愛と感謝と汗の出番です。

自粛と萎縮

 半袖にスーッと入るや秋の風 

 我が糸島市も日本一の暑さに記録されました。コロナと暑さで大変な夏を過ごしています。テレビも新聞も毎日、自粛を呼びかけています。

 自粛とは、自分から進んで行動や態度をつつしむこと。

 字も難しいけど、実行は、なお難しい。さて、これを続けてはや七ヶ月。まわりを見渡せば、自粛は萎縮になっています。萎縮とは生氣を無くしてちぢこまる事。これでは、人間は何のために生きているのかわからなくなって来ました。

 人間の喜びは、人に逢い、集い、語り合い、食事を共にして、寄り添い合う事の中から生まれます。自粛も萎縮も字まで難しい!!しかし「コロナ」から学ぶこともあります。

 手洗い、うがい、窓開け、マスク、生活の中の清潔感がおかげさまで身につきはじめました。

 母に連れられてお宮参りをした時、手を洗って口をゆすぐ(濯ぐ)作法を手を取って習いました。それを思い出し、日本の先人のすばらしさに感じ入りました。日本人が日本の原点にかえる時が来たのだ・・・と強く思うこの頃です。

 守るべき事は守って、萎縮しないで伸び伸びと生きて行こう。

 積極的と消極的の二つの生き方があります。

積極的とは、「素直で明るくあたたかく」の心の生き方。

消極的とは、不平不満、うらみ、ねたみ、ぐち、イライラ心配のしすぎの心の生き方です。

  • 積極とは、命の火を積み上げていく生き方
  • 消極とは、命の火を消す生き方

 さぁ!!どちらを選びますか?どんな事に出逢っても、あわてないで、くじけないで、「素直で明るくあたたかく」の心の根っこをしっかり張って命の火を積み上げていきましょう。

子供にも美人の顔もマスクして

日本中、いや世界中が「マスク」をしています。日本国は、総理大臣様から「マスク」を頂きました。「マスク」をしないで出かけたら、店にも入られません。まわりの人々から、「ジロリ」と見られます。

 コロナ風邪流行からはや、六ヶ月になろうとしています。マスク生活も板についてきましたがマスクがけの顔には、親しみが湧きません。

 そこで、ふと思い出したのが「目は、口ほどにものを言う」の言葉です。そうだ!この言葉を生活に生かそう…と考えました。そうしないと、花が咲くように微笑む口もとが見えません。笑顔で、ほっ!とすることが無くなりました。人間の顔は、不思議なもので、心に思うことは全て顔に出ます。

 マスクをした顔を鏡で見てみましょう。

 今日の顔はどんな顔をしているのかしら?

歪んでいないか、悲しんでいないか、怒っていないか、不安がっていないか、ため息をつき呆然としていないか、しかめっ面になっていないか。

 思い出しましょう。子供の頃によく笑っていた私。何もなくても、その時、その瞬間、いつも楽しかったなぁ。その時の目は、やさしい三日月様の目だった。

 そうだ!この目だ。やさしいあたたかいまなざしを「マスク」の上にしっかりとのせよう。

 そして、つかれたら空を見上げよう。青い空、ぽっかり浮かんだ白い雲、広いなぁ!

 どんな事に出逢っても、あわてないで、くじけないで、ぐちらないで「丸くゆっくりすこやかに」

和氣愛愛

 みなさま方、いかがお過ごしでしょうか?

 三月からコロナ騒動の風を受けてはや、三ヶ月!一年の1/4が、あっと言う間に過ぎました。

 私達は、この騒動で見るものも見えず、聞くのも聴こえず…「おろおろ」しています。自然界を見渡せばかわいらしい新芽は、いつの間にかたくましい緑。そして、咲いた花は、小さな実を結びはじめました。私達も、自粛、自粛と身を縮めないで自然の移ろいの波にのりましょう。

 「一寸先は光り」を信念に腹を据えて、丸くゆっくりすこやかに新しい世界を待ちましょう。

 今、一番大事な事は、自分の体を自分でしっかり守ること。

  1. 笑うこと(腸の温度が上がり免疫力が30%上がります。)
  2. 腸を整えること。ウィルスは口から入ります。
    • 発酵食を摂ることですみやかに消化させます。コスモ酵素の御愛飲を、おすすめします。味噌汁、納豆、煮た野菜、ミカン(ビタミンC)、梅干、ラッキョウ、漬物、のり、ワカメ、ヒジキ、しいたけ…
  3. 体を清潔に保つ。軽い運動をする
    • 手洗い、ウガイ、マスク、入浴
    • 一日百円の健康法として、①バスクレンチーム(3,000円)②コスモグリーン(緑黄野菜、ビフィズス菌。3,000円)

 色々と考えすぎないで、家族の心を寄せ合いましょう。だれか、無理をしていないかな?言いたいことあるのかな?…を見つけるのに良いチャンスです。

 「和氣愛愛」の家族には「ウィルス」と言えども入りません。安心して、生き生きとお過ごしくださいませ。