西日本新聞朝刊に紹介いいただきました。

9月27日の西日本新聞朝刊に記事として、健康道場コスモポートの酵素風呂が出ました。(はなパパの食べることは生きること)

その記事は、「心を癒す酵素風呂」
私は、「病を治す」と書かないで「心を癒す」と書いていただいた事がとても嬉しいのです。

心が「素直で明るくあたたかく」なれば、どんな病気も治り始めると思っている私です。

さて、記事には、こんな事がかいてあります。
「病は、薬に頼ってばかりでは、なかなか治らないことがある。

ないような思わぬ効果が引き出せるかもしれない。」
この記事を読まれた方がおいでになったり、問い合わせの電話がひっきりなしで、急に忙しくなったコスモポート酵素風呂です。

生かされて生きる命

生かされて生きる命、ありがとうございます…と、感謝せずにはおられない。

しっかりと感謝と感動を積み重ねると、丈夫で柔らかい大きな心が出来上がる。

美しいものは美しい!美味しいものは美味しい!と、大きな声で言ってみよう!

昨日とは どこかが違う 秋深し

暑い暑いと言っている間にもう秋です。「栗」の実が「こんにちは」とのぞいています。

春の予感を感じさせる男性がいれば、しっかりと「実」にならせる女性がいる。これが宇宙のリズムですね。

暑い夏にしっかりと耐え、守ってくれた身体にコスモ酵素の「ご褒美」をあげましょう。

2016年9月1日

私は、昔々60年くらい前小学校の先生をしていました。
夏休みが終わって9月1日の始業式にちょっと色が黒くなって、一回り大きくなった子供たち!しかも全員の顔が揃った時に「みんな無事で良かった!

みんな良いお顔!」と、心から喜んだことを思い出しました。
月日は流れ、時代は変わりましたが、私の一番の「喜び事」は、「健康」なんだなと思いました。

あの全員が元気なお顔で揃ったときの喜びは最高でしたこ。今もその事を思うと熱い玉が湧き上がります。

若かったときも、今も貫いている一本の道です。「健康道」です。
そういえば、8月27日、九州博物館へ東山魁夷展へ行きました。そして「白い道」の絵はがきを求めました。私の白い道、私の一本の道、それは「健康道」です。

若いときの思いが今も変わることのない私の健康への道です。この道のつれづれを時々書いてみましょう