もう十一月

 今年は、何が何だかわからない日々を重ねています。

「冬来たりなば、春遠からじ」と当然の事のように春を迎えましたが、そこに飛び込んだのが新型コロナウィルスです。さぁ大変!!桜見も卒業式も、入学式もありません。働く仕事の場を失った人々もいます。お盆の御先祖様のお参りも、帰省も出来ません。

 「散歩道 小さな草も 実をつけて」

やがて、みのりの秋を迎えましたが、神様への感謝の秋祭りも中止です。

 これは、一体どう考えたらいいのでしょう。このまま、何事にもオロオロと恐怖心で縮こまってはいけない。経済はもちろん、人間そのものがおかしくなってしまいます。特に若者は羽根を折られ、年を重ねた人は見舞いに来てくれる人もなし、かわいい孫にも会えません。これでは、治る病氣でも治りません。病人は増えるばかりです。指をくわえて、ただ新薬を待っているだけではいけません。生命の本質である「生成発展」のエネルギーが私達の体にある事を信じて、しっかりと立ち上がろうではございませんか!

 私達の先祖も数多くのウィルスと出会い、生きぬいてきました。そのたくましいバトンを、しっかりと受け継いだ私だと確信を持ちましょう。その先祖の知恵も学びましょう。

  1. 家族の心を寄せ合って生きる。助け合って笑い合う。
  2. 日本食を中心に頂こう。発酵食(味噌、納豆等)、野菜
  3. 体を清潔に保つ。手洗い、お風呂

 特に日本には、お風呂の文化があります。世界に誇るすばらしい健康法です。シャワーではなく、湯船に浸ろう。子供の頃、おばぁちゃんが「ほら!肩まで浸って、1、2、3・・・」を思い出しましょう。心も体もぽかぽかになってストレスは吹っ飛びピカピカです。血行は良くなり、お腹はあたたまり便秘も治り、ぐっすり休みます。「体さんありがとうございます。」心から体に感謝する場所です。これで免疫力アップします。一日百円の健康法としてコスモポートでも、バスクレンチーム(三千円)を出しています。心も体もぽかぽかであられますように祈っています。


「行合の空」に想う

 私は空を見るのが好きです。

 今日は、「行合の空」を見つけました。「行合の空」とは過ぎ行く夏と、訪れる秋が同じ空の上で行き合い、交差しています。これを「行合の空」と表現します。夏から秋に移る頃の暑氣と冷氣が行き合う空。秋の訪れを、空から告げています。

 地上付近は、まだ暑さがきびしくて、山の峰には入道雲がむくむくと湧き上がっているのに、さらに高い空には、雲を刷毛で伸ばしたような巻雲がたなびいています。そこへ綿菓子を摘み空へ浮かべたような綿雲が散っています。

 私は、空の雲に見とれました。

 空では、雲が「こんにちは」「さようなら」「がんばったね」「おつかれさま」と、声をかけ合っているのでしょう。

 誰が名付けた「行合の空」

 私達の地上では、今年は色々な事が起きています。コロナ騒動で、世界中が大変動です。政治、経済、学校、病院、飲食、観光、祭事、生活上の行事、今まで考えてもいなかった事が次々に起こります。お互いの交流がゴキゴキと油切れの音がします。「行合の空」のように、何事も「素直で明るくあたたかく」の根っこで受け止めて、さらり!と生き合って行きたいと思いました。

 どんなに世の中が変わっても、変わっていけないものが三つある。それは「愛と感謝と汗(行動すること)」です。考えれば、令和二年もあと三ヶ月を切りました。残された日々を、三つの宝「愛と感謝と汗(行動)」を大切に色々な事に流されないで、無駄、無理、おごり、たかぶり、わがまま、恐怖のしすぎの心を改めて、自分らしく自分自身が納得する年にしましょうか!!そのために一日一日を大切に元氣に楽しく生き合っていきましょう。愛と感謝と汗の出番です。

自粛と萎縮

 半袖にスーッと入るや秋の風 

 我が糸島市も日本一の暑さに記録されました。コロナと暑さで大変な夏を過ごしています。テレビも新聞も毎日、自粛を呼びかけています。

 自粛とは、自分から進んで行動や態度をつつしむこと。

 字も難しいけど、実行は、なお難しい。さて、これを続けてはや七ヶ月。まわりを見渡せば、自粛は萎縮になっています。萎縮とは生氣を無くしてちぢこまる事。これでは、人間は何のために生きているのかわからなくなって来ました。

 人間の喜びは、人に逢い、集い、語り合い、食事を共にして、寄り添い合う事の中から生まれます。自粛も萎縮も字まで難しい!!しかし「コロナ」から学ぶこともあります。

 手洗い、うがい、窓開け、マスク、生活の中の清潔感がおかげさまで身につきはじめました。

 母に連れられてお宮参りをした時、手を洗って口をゆすぐ(濯ぐ)作法を手を取って習いました。それを思い出し、日本の先人のすばらしさに感じ入りました。日本人が日本の原点にかえる時が来たのだ・・・と強く思うこの頃です。

 守るべき事は守って、萎縮しないで伸び伸びと生きて行こう。

 積極的と消極的の二つの生き方があります。

積極的とは、「素直で明るくあたたかく」の心の生き方。

消極的とは、不平不満、うらみ、ねたみ、ぐち、イライラ心配のしすぎの心の生き方です。

  • 積極とは、命の火を積み上げていく生き方
  • 消極とは、命の火を消す生き方

 さぁ!!どちらを選びますか?どんな事に出逢っても、あわてないで、くじけないで、「素直で明るくあたたかく」の心の根っこをしっかり張って命の火を積み上げていきましょう。

子供にも美人の顔もマスクして

日本中、いや世界中が「マスク」をしています。日本国は、総理大臣様から「マスク」を頂きました。「マスク」をしないで出かけたら、店にも入られません。まわりの人々から、「ジロリ」と見られます。

 コロナ風邪流行からはや、六ヶ月になろうとしています。マスク生活も板についてきましたがマスクがけの顔には、親しみが湧きません。

 そこで、ふと思い出したのが「目は、口ほどにものを言う」の言葉です。そうだ!この言葉を生活に生かそう…と考えました。そうしないと、花が咲くように微笑む口もとが見えません。笑顔で、ほっ!とすることが無くなりました。人間の顔は、不思議なもので、心に思うことは全て顔に出ます。

 マスクをした顔を鏡で見てみましょう。

 今日の顔はどんな顔をしているのかしら?

歪んでいないか、悲しんでいないか、怒っていないか、不安がっていないか、ため息をつき呆然としていないか、しかめっ面になっていないか。

 思い出しましょう。子供の頃によく笑っていた私。何もなくても、その時、その瞬間、いつも楽しかったなぁ。その時の目は、やさしい三日月様の目だった。

 そうだ!この目だ。やさしいあたたかいまなざしを「マスク」の上にしっかりとのせよう。

 そして、つかれたら空を見上げよう。青い空、ぽっかり浮かんだ白い雲、広いなぁ!

 どんな事に出逢っても、あわてないで、くじけないで、ぐちらないで「丸くゆっくりすこやかに」

和氣愛愛

 みなさま方、いかがお過ごしでしょうか?

 三月からコロナ騒動の風を受けてはや、三ヶ月!一年の1/4が、あっと言う間に過ぎました。

 私達は、この騒動で見るものも見えず、聞くのも聴こえず…「おろおろ」しています。自然界を見渡せばかわいらしい新芽は、いつの間にかたくましい緑。そして、咲いた花は、小さな実を結びはじめました。私達も、自粛、自粛と身を縮めないで自然の移ろいの波にのりましょう。

 「一寸先は光り」を信念に腹を据えて、丸くゆっくりすこやかに新しい世界を待ちましょう。

 今、一番大事な事は、自分の体を自分でしっかり守ること。

  1. 笑うこと(腸の温度が上がり免疫力が30%上がります。)
  2. 腸を整えること。ウィルスは口から入ります。
    • 発酵食を摂ることですみやかに消化させます。コスモ酵素の御愛飲を、おすすめします。味噌汁、納豆、煮た野菜、ミカン(ビタミンC)、梅干、ラッキョウ、漬物、のり、ワカメ、ヒジキ、しいたけ…
  3. 体を清潔に保つ。軽い運動をする
    • 手洗い、ウガイ、マスク、入浴
    • 一日百円の健康法として、①バスクレンチーム(3,000円)②コスモグリーン(緑黄野菜、ビフィズス菌。3,000円)

 色々と考えすぎないで、家族の心を寄せ合いましょう。だれか、無理をしていないかな?言いたいことあるのかな?…を見つけるのに良いチャンスです。

 「和氣愛愛」の家族には「ウィルス」と言えども入りません。安心して、生き生きとお過ごしくださいませ。

すこやかに

草木の新芽がぐんぐん伸びます。これと同じエネルギーが、私達の心の中でも体の中でも働いています。

なんとありがたいことでしょう。

今、世界中に不安感情の渦が巻いています。みなさま方は、どんな事に出逢っても「あわてないで、くじけないで、ぐちらないで」の心の根っ子を強く張って、「丸くゆっくりすこやかに」の日々を重ねて下さいませ。

今、一番大事な事は、自分の体をしっかりと自分で守ることです。免疫力を高めることです。そのためには、

  1. 笑うこと。どんなに小さなことでも感謝すること。
  2. 腸を整えること。ウィルスは口から入ります。
    • 発酵食であります「コスモ酵素」をおすすめします。
    • みそ汁、納豆、煮た野菜、みかん(ビタミンC)、梅干、ラッキョウ…
  3. 体を清潔に保つ。手洗い、うがい、マスク、入浴、陽にあたる
    • 一日百円の健康法としてバスクレンチーム(3,000円)もあります。
    • コスモグリーン(緑黄色野菜、ビフィズス菌)(3,000円)水に溶かして飲む。

色々と考えすぎないで、家族の心を寄せ合って自分の出来る健康法を落ち着いて実行しましょう。

おおらかな心で、「新しい時代の夜明け」を「一寸先は光り」と信じて待ちましょう。

このような心がまえ、実行の所には、「ウィルス」と言えども入ってきません。

安心してお過ごしになられますように祈っています。

一寸先は光り

桜の花は美しく清らかに咲きました。一年間を、この日の為に寒風に耐え、大地から栄養分を、お日様から光りを頂いて頑張り抜いて咲いた花です。

その花を喜び合い、褒め合うのが花見です。でも、今年は花のそばにも行けません。遠くの山のぱっと明るい桜の花に「桜さん、ありがとう!」と声をかけています。

今年は、コロナウィルスの発生でみんなで楽しくお花見もできません。それでも、桜さんは何事も無かったように、はなやかに、清らかに、美しく輝いています。

この良き時にどうしてコロナ騒動なの?私の八十六歳の誕生月なのに…と憎みました。そこで、いろいろと考えてみました。そして!はっと…氣がつきました。

「コロナ」とは太陽だ!すると太陽の使者は「コロナウイルス」ではないだろうか?…。

今、地球人類に何かを知らせに来てくれたのではないだろうか。それならば、コロナ様!

人類の「おごり、たかぶり」の姿を見て、これでは人類は滅びてしまう。今のうちに人類に反省の心を持ってもらいたい!…と警鐘を全世界に鳴らしているのではないでしょうか。世界中、恐怖の渦が巻いています。この渦に巻き込まれてはいけません。

ここで、恐怖心で縮こまってはいけません。

大きな事も、小さな事の積み上げから解決します。「あわてないで、くじけないで、愚痴らないで」家族みんなが、心を寄せ合って、自分のできる健康法を実行して大らかな楽しい日々を重ねましょう。

  1. 笑いましょう(どんなに小さな事でも感謝する心)
  2. 腸を整えましょう(口から入ったウィルスは速やかに体内から排泄。軽い運動)発酵食品をとる(味噌汁、納豆、煮た野菜、つけもの等)
  3. 体をあたたかく清潔に保つ(マスク、手洗い、入浴)

そして、心は「素直で明るくあたたかく」これで安心。ウィルスと言えども入ってきません。

今、私達には、進むべき道が2つ用意されました。「愛の国行き」と「恐怖の国行き」のチケットです。さぁ!どちらのチケットを求めますか。「一寸先は光り」を信じて「愛の国行き」のチケットを胸にしっかりと抱き、「丸くゆっくりすこやかに」日々を重ねましょう。

人類のおごりたかぶり
    試される
      時は今なり 時は来たれり



ねずみの嫁入り

令和二年は新元号、新天皇陛下様で始まる新年でした。

干支も「子」から始まります。全ての始まり、新しい時代の始まりでもあります。

「子」の年は、ネズミ年、根の年。

「根」がはびこる。発展の年だなぁ…と考えていました。ふと、昔の話を思い出しました。それは、子供の頃…たしか小学二年生(昭和十七年)国語の本で習いました。「ネズミの嫁入り」の話しです。

昔々、ネズミさんのお家にかわいらしい女の子が生まれました。名前は、チュー子さんです。すくすくと美しく育ちました。お父さんとお母さんは大喜びです。氣立てよし、器量よしの娘を見て、こんなによい娘、世界で一番強い人のお嫁さんにしよう…!と思いました。

 さて、世界で一番強い人はだれでしょう。そうだ、世界で一番すばらしく、強いのはあのお日様だ。太陽だ!!

世界中を明るく、あたたかく照らして下さる。二人は、お日様の所へ行きました。「世界で一番強いあなたにうちのチュー子をお嫁さんにして下さい。」とお願いしました。

すると、お日様は「私が世界で一番強いとおっしゃるけど、私より強い人がいます。それは、雲さんです。私がいくらがんばっていても、その光を雲はさえぎってしまいます。だから雲さんの方が強いです」

さぁ、二人は雲さんの所へ行きました。「世界で一番強いあなたに、うちのチュー子をお嫁さんにしてもらいたいのです。」すると、雲さんは「いいえ。私より強いのは風さんです。いくらがんばっても、風が吹くと雲は散らばってしまいます。だから、風にはかないません。」

今度は風さんの所へ行き、「世界で一番強いあなたにうちのチュー子をお嫁さんにしていただきたいのです。」と頼みました。すると風さんがおっしゃる事には、「私がいくら吹きまくっても、土蔵だけはどっしりと建っています。」

土蔵の所へ又、頼みに行きました。土蔵さんがおもむろにおっしゃいました。「私よりはるかに強いのは、ネズミさんです。私がどんなにがんばっても、土の壁に穴をあけます。世界で一番強いのは、ねずみさんです」

チュー子さんは大喜びでチュー吉さんとめでたく結婚しました。ワッハッハッ…

さぁ、新しい世界の始まりです。競争の時代は終わりました。「令和」うるわしく和やかに。それぞれの立場、役割を尊重しあって自分自身をしっかりもって、助け合って、どんな事に合っても「あわてないで、くじけないで、愚痴らないで」まるくゆっくりすこやかに。

ありがとうございます

春の光が照っています。

今、世界中に不安感情の渦が巻いています。この渦に巻き込まれないためには、免疫力をアップすることです。体温が1度上がれば、30%免疫力が上がり、流行の風邪にもかかりません。

一、笑うこと(あわてないで、くじけないで、愚痴らないで)

二、発酵食を食べること(コスモ酵素を飲む、味噌汁、納豆、煮た野菜、漬物、生姜等)

三、体を清潔に温かく保つ(お風呂に入る(バスクレンチームを入れたら冷えません))

心も体もぽかぽかの中には、「ウィルス」といえども入りません。

「丸くゆっくりすこやか」であられますよう祈っています。

令和二年


今年もよろしくお願い申し上げます。

令和の御代も二年となりました。昨年は、「おめでとうございます」を日本国民みんなで、三回も申し上げました。

  • それは、お正月になって「新年おめでとうございます」(一月)
  • 二番目は、平成が令和になって「新元号おめでとうございます」(五月)
  • 三番目は、大嘗祭「新天皇陛下、皇后様おめでとうございます」(十一月)

新天皇様、皇后様のなんと氣高く尊くお美しくあられましたことか!長い御病氣をみごとに快復された晴れやかな笑顔と、堂々とされたお姿!

国民の祭典の日とパレードの時にダイヤより光る、真珠の涙がキラキラと輝きました。感動して涙が湧き上がりました。天皇陛下萬歳!!と心から祝福させて頂きました。その氣もさめやらぬ時、令和二年のお正月。

明けましておめでとうございます・・・と希望に満ちた澄んだ心で申し上げることの出来る幸福に感じ入っております。

さて!「令和とは、うるわしく、和やかに」に向かって一歩を踏み出します。

私にはひ孫がいます。そのひ孫が今年一年生になります。自分の好みのカラーのランドセルに、夢と希望をいっぱいつめ込んで背負う「おけいこ」をしています。学校で「あ・い・う・え・お」を、上手に書き、読み、綴ることを習うのでしょう。私は、もう「字」は知っているので、今度は心の「あ・い・う・え・お」を最後の仕上げの学びとして、おけいこしてみよう・・・と思いました。

  • 「あ」 明るく
  • 「い」 生き生きと
  • 「う」 うれしそうに
  • 「え」 笑顔で
  • 「お」 思いやり

この五つの心で生きることが「令和」の御代でないだろうか。日々の生活の中で、いろいろな事に出会った時、ひとつでも出来たら◯をつけよう。うらみ、ねたみ、イライラ、クヨクヨ、ブツブツ、不平不満、心配のしすぎ・・・がでたら✕。ひ孫に負けないようやってみよう。やがて、一学期の終わりには成績表がでます。私も、みなさんや家族から成績表が渡されます。その時が「見ものです。」

「いばらないで」「おこらないで」素直に受け入れて、出来ることから反省して、より令和らしい年にしましょう。

丸くゆっくりすこやかに。